スポンサード リンク

桜餅と柏餅

桜餅は江戸時代、隅田川の向島にある長明寺の門前にて山本新六という人が餅を土手の桜の葉を塩漬けにしたものに包んで売り出したのが最初と言われています。付近の隅田堤が花見客で賑わっていたことから商売が繁盛したようです。

 

桜餅は関東と関西では餅の生地が違います。関東は小麦粉を溶き、薄く伸ばして焼いた生地に餡を包みますが、関西では道明寺粉で餅を作り、中小豆餡を入れます。この桜餅は強風桜餅とも呼ばれています。桜餅は、もともとは江戸の長明寺で考案されたものが始まりでしたが、関西に伝わってきた後に関西風にアレンジされて道明寺の桜餅になったと言われています。桜餅は江戸時代より女児の健やかな成長を願うひな祭りにお供えするものとして用いられてきました。

 

一方柏餅は上新粉で作った餅で餡を挟んだものを柏の葉で包んだ和菓子です。昔から現在に至るまで柏餅は端午の節句には欠かすことのできないお菓子となっています。柏餅が登場したのは江戸時代のことで、昔の武家社会では子孫がいなくては家が途絶えるため、男子の成長を願う端午の節句のお菓子として用いられるようになりました。他にも、餡を餅で包む際両手を合わせて包んでいく様が柏手を打っているように見えることから縁起が良いとされて端午の節句に食べる風習が生まれたという説もあります。

 

柏の葉で包んだ餅なので柏餅と呼ばれていますが、近畿より西では柏の木が自生していないため、関西ではサンキライの葉が代用されることが多くなっています。