スポンサード リンク

全国和菓子協会の手作り和菓子教室

全国和菓子協会は、和菓子業界の発展と振興のために全国の和菓子業者が協力し合うことが必要として昭和25年に設立されました。和菓子の日の制定や積極的なPR活動を行うほか、セミナーや手作り和菓子教室なども積極的に開催しています。

 

全国和菓子協会では6月16日を「和菓子の日」と制定しており、毎年この日の近くの休日に和菓子をもっと身近に感じてほしいという思いから和菓子教室を開催しています。講師は東京和菓子協会の青年部と東京製菓学校の先生が行い、丁寧に指導してくれますので初めての方や小学生のお子様でも安心して参加することができます。また、和菓子作りの他にも和菓子に関する様々な話を聞くこともできますので和菓子が大好きな方はぜひ一度参加してみてください。手作り和菓子教室の定員は210名で、参加費は1名1000円となります。当日は上生菓子3種類を作る予定で、作った和菓子は持ち帰ることもできます。手作り和菓子教室への申し込み方法は往復はがきを利用して応募します。去年は定員210名のところなんと1674名も応募があったそうです。抽選で選ばれた210名の方は青梅、濡れ燕、朝顔の3種類の煉りきりに挑戦されました。最初は「初めてなので上手に作れるかどうか心配」とおっしゃっていた方も最後は「丁寧な指導をしていただいたのでとても楽しかったです」と満足そうに帰られたそうです。倍率8倍という狭き門となっていますが、一度は参加してみたいですね。