スポンサード リンク

唐真菓子と南蛮菓子の影響

飛鳥時代になり遣唐使が唐に派遣されるようになると唐菓子と呼ばれる大陸のお菓子が持ち帰られるようになりました。これら唐菓子は米や麦、大豆、小豆などを材料にして作られたもので、どれも非常に特徴のある形をしていました。この唐菓子は祭事の神や仏への捧げものとして尊ばれ普及していきます。そしてこの唐菓子がその後の和菓子に大きな影響をもたらしたと考えられています。

 

そして平安時代には貴族の嗜好品として広まっていきますが、鎌倉時代の後半になるとその多くは忘れられていきました。しかし、煎餅などは形を変えて現在でも和菓子として残っています。

 

安土桃山時代に入ると、ポルトガルやスペインのキリスト教宣教師によって南蛮菓子が持ち込まれるようになります。当初南蛮菓子はキリスト教の布教活動に使用されていました。南蛮菓子は現代のお菓子の原型とも言うべきもので、ボーロやカステラ、金平糖に有平糖、ビスケットやパン、タルト、カルメラなどがありました。京都や西日本に持ち込まれた南蛮菓子は同時期に発展した茶道と密接な関係を持つことになり、茶道と一緒に全国へ広まっていきました。

 

江戸時代に入り、鎖国の政策がとられても砂糖は輸入されており、また国内での砂糖の生産が始まっていたこともあって南蛮菓子は日本独自の発展を遂げることになります。現在長崎の銘菓としても知られているカステラなど南蛮菓子の伝統を強く受け継いだものは和菓子に分類されています。