スポンサード リンク

木の実と果物

和菓子には木の実や果物が使われることが多くあります。

 

とち餅という和菓子は、多くの手間と時間を掛けて栃の実からアクや苦みを抜いて蒸したもち米に混ぜて作るお餅です。このように大変な手間や時間を掛けてでも自然の産物を取り入れて美味しく食べようとする昔の人の知恵には感嘆します。

 

和菓子で最もポピュラーな木の実と言えば栗と胡桃です。栗は縄文時代から食されていた日本人には欠かすことのできない木の実です。茶の湯が全国に広まるようになると栗は焼き栗や打栗にして茶菓子として用いられるようになります。また、栗を粉に加工して甘味を加えて団子にしたものや茶巾絞りのようなものも現れました。また小豆餡と栗は非常に相性の良いものとして現在でも和菓子には多く登場します。胡桃も餅や餡との相性が良く、多くの和菓子に使われています。

 

果物も和菓子に使われるものはいくつかありますが、果物で和菓子に欠かせないものと言ったら、それは柿です。柿も栗と同様に古来より食べられている果物で、茶菓子としても用いられてきました。柿は干すことによって保存食ともなり、飢饉のときの非常食の役目も果たしていました。平安時代には祭礼用の菓子として用いられていたことが当時の書物の「延喜式」に記載されています。干し柿は当時としては貴重な甘みを持つものだったので非常に重宝されました。柿の他にも桃や梨、蜜柑、梅などもお菓子として用いられていました。現在の和菓子でも形や香りを活かしたものが作られています。