スポンサード リンク

最中ときんつば

もともと最中は餅米の粉を練って薄く蒸し上げ、仕上げに砂糖を掛けたもので干菓子の仲間だったのですが、江戸時代に小豆餡を挟んだり入れたりするようになり、明治以降に皮の形が完成されて現在の最中の形になりました。最中は皮の形を自由に工夫することができる上、中に挟む餡も様々なものがありますのでとてもバリエーションに富んだ和菓子となりました。このため全国各地で様々な種類の最中がお土産や贈答品として売られるようになりました。餡は小豆が主な材料ですが、皮が湿気ると口当たりが悪くなるため、できるだけ水分量の少ない餡が使用されています。そのため照りや粘りの強い餡が用いられることが多いようです。中には皮と餡が別々になっており、食べる際に餡を詰めるというような商品も売られています。

 

一方きんつばというと四角い形をしたものを思い浮かべますが、もともとは丸い形をしていました。そしてその形が刀の鍔にていることから「きんつば」と呼ばれるようになったと言われています。きんつばは大阪で誕生した和菓子で当初「銀鍔(ぎんつば)という名前で売られていました。その当時の銀鍔は米の粉をまぶしてあったので白い色をしていたことから銀鍔とよばれたようです。江戸では水で溶いた小麦粉を薄皮にして焼いたため焼き色が金色に見えたことから「きんつば」と呼ばれるようになりました。そして発祥の地の大阪の銀鍔も「きんつば」という名前が定着していきました。四角いきんつばは6面全部を焼くので「六方焼き」とも呼ばれることがあるようです。