スポンサード リンク

和菓子教室に通うにあたって

和菓子というのは古来より日本で受け継がれてきた製造法に基づいて作られたお菓子のことを言います。和菓子という言葉は明治維新以降にヨーロッパから伝来してきた西洋菓子に対して使われるようになりました。和菓子という言葉が人々に浸透したのは第二次世界大戦以降であると言われており、この頃から国語辞典にも和菓子と言う言葉が載るようになりました。和菓子に分類されるものの中には遣唐使によって大陸より伝来した唐菓子やキリスト教の宣教師によって普及した南蛮菓子も含まれることがあります。

 

和菓子と日本伝統の茶道は密接な関係があり、お茶と一緒に食べるお茶菓子として味はもちろんのこと、美的観賞においても優れているものが要求されて発達しました。茶の湯の文化が興った室町時代から桃山時代にかけてお茶菓子は海苔や昆布、饅頭などが用いられていましたが、次第に南蛮文化の影響を受けるようになって砂糖が使われたお菓子が用いられるようになりました。当時この砂糖の甘さが人々の感動を呼び、茶菓子は大きく変化していきました。江戸時代に入るとオランダや中国から砂糖がたくさん輸入されるようになり、それに伴い国内でも生産されるようになりました。こうして嗜好品として甘さを楽しむ和菓子が普及していきました。そして同時期に京都では独特の繊細さを併せ持つ京菓子が発展していきました。

 

茶会では通常、薄茶席には干菓子、濃茶席には生菓子が用いられます。和菓子はそれぞれの時代に深く関わりを持ちながら長い時間をかけて現在の形へと発展しました。

 

和菓子はほとんど油を使わないものが多く、洋菓子と比べると非常にカロリーが低くなっています。また見た目の美しさや可愛らしさから和菓子を愛する女性は非常に多くいます。近頃は和菓子を自分で作りたいとおっしゃる女性が多くなり、全国至る所で和菓子教室が開催されています。老舗和菓子屋さん主催の和菓子教室から出張教室まで様々なものとなっています。